「飲めるプリン」購入方法!東京うこっけいの魅力まとめ【満天☆青空レストラン】

バラエティ

こんにちは、yuffeeです!

みなさんプリンは好きですか?

私は家でいつかバケツプリンを食べるという夢を叶えたいくらい、プリンが大好きです(^^♪いろんなお店のプリンの食べ比べも楽しいですよね。

そこで最近気になるのが「飲めるプリン」

「飲める」というくらいだからすごく柔らかいのかな…と想像が膨らみますね♪

7月11日放送の「満天☆青空レストラン」で「飲めるプリン」が紹介されるということで、今回はその「飲めるプリン」の購入方法や、生産元の養鶏場や使われている卵についてまとめてみました。

スポンサーリンク

「飲めるプリン」とは?

「飲めるプリン」は東京うこっけいで作られた濃厚プリン

出典:https://tottofarm-ito.com/

こちらが「とろけるとりっぷりん」と呼ばれるプリンです。

パッケージのデザインがめちゃくちゃ可愛いですよね(*’ω’*)プレゼントにもできる、黄色をベースにしたおしゃれなデザインです。

「伊藤養鶏場」希少な烏骨鶏の卵を使っているということで、かなり贅沢な一品!

原材料へのこだわりもあり、気になるお味は「濃厚で贅沢」ということ。一個で大満足できそうですね。

スポンサーリンク

値段と購入方法は?

それだけ贅沢な卵を使っているので、かなり値が張るのかなとも思いましたが、心配ご無用でした!

  • 4個入り ¥1,752(税込) 
  • 6個入り ¥2,628(税込) 
  • 8個入り ¥3,504(税込) 

一個あたり438円ということになります。

自分用だとちょっとしたご褒美…くらいの値段ですね(^^♪

そして購入方法ですが、ネットショップで予約取り寄せが可能です。

こちらの公式HPで「お問い合わせ」から入って注文になります。

商品ラインナップ|伊藤養鶏場<立川> | 伊藤養鶏場
東京烏骨鶏卵、たまごころ(赤卵)ご自宅用(箱買い)はもちろん、ギフト・贈答用までニーズに合わせてご用意しております。 お中元・お歳暮にも大変喜ばれます。合格祈願「開運」パッケージも人気です。
スポンサーリンク

材料になっている「東京うこっけい」の卵って?

そもそも「うこっけい」ってどんな鶏?

出典:https://tottofarm-ito.com/

「うこっけい」というのは、この全身が白く柔らかい羽毛で覆われている鶏のことを指します。

実は歴史も長い鶏で、江戸時代の初期にまで遡ります。

薬膳料理で知られる中国から渡ってきたもので、中国では古くから薬膳料理として全身余すことなく使われるほど、とっても貴重な食材でした。

そして現代でも烏骨鶏が貴重だと呼ばれる理由は、産み落とす卵にもあります。

一般的には産卵数が普通の鶏より少なく、卵自体の大きさも小さいのです。

さらに白身と黄身の割合ですが、黄身の割合の方が大きいそう。それで卵かけごはんを作ったら絶品間違いなしですね!

スポンサーリンク

「伊藤養鶏場」の卵購入方法

先ほどご紹介した「伊藤養鶏場」の公式HPでもプリン同様、卵も購入可能ですが「楽天市場」でも購入可能です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊藤養鶏場 烏骨鶏のたまご 6個入り(東京都立川市)【送料別】
価格:1080円(税込、送料別) (2020/7/9時点)

 

楽天で購入

 

 

 

他にも10個入りもあるようです。普通の卵よりは高いですが、健康食材と考えるとむしろ安いかも!

スポンサーリンク

まとめ

今回は伊藤養鶏場の「東京うこっけい」と「飲めるプリン」についてまとめてみました。

これからますます健康に気を遣いたいところなので、私も「東京うこっけい」の卵でしっかり体調を整えたいと思います(*’ω’*)

以上、私yuffeeがお届けしました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました