徳田聡一朗(フジテレビ新人アナウンサー)プロフィール!経歴が努力家で面白い!【ネプリーグ】

バラエティ
https://ameblo.jp/osaka-seiko/entry-12563902012.html

こんにちは、yuffeeです。

毎年普通の会社のように、テレビ局にも新入社員が入ってきますよね。

その中で何気にチェックするのが楽しみになっているのが新人アナウンサー

朝のニュースやバラエティ番組でフレッシュな姿を見ると、ベテランのアナウンサーとはまた違った新鮮な気持ちになれますよね。

今私が気になる新人アナウンサーが、フジテレビの「徳田聡一朗」さん!

8月24日放送の「ネプリーグ」にも出演される予定で、顔つきがとても整っていて気になっています(^^♪

そこで今回はフジテレビ新人アナウンサーの「徳田聡一朗」さんについてまとめてみました。

スポンサーリンク

徳田聡一朗さんとは?

基本プロフィール

出典:https://www.fujitv.co.jp/

名前:德田 聡一朗(とくだ そういちろう)
誕生日:1997年6月27日
出身地:山口県山口市
出身大学:関西大学 政策創造学部
血液型:A型
入社年2020年

今年入ったばかりの新人アナウンサー。

顔立ちが全体的にかっこいいのですが、その中でも目元に可愛らしさがありますよね!

まだ23歳という若さも相まって、少し可愛らしいフレッシュな見た目で私は惹きつけられました(^^♪

スポンサーリンク

大学で過去アナウンサー内定なしでも努力で入社!

そして徳田アナウンサーですが、魅力的なのは中身もなんです。

就職活動をする際に、やはり「自分の大学から希望する就職先で内定者がいるかどうか」は重要視することが多いですよね。

その中で、実は徳田さんの出身大学である関西大学からはキー局内定者はゼロだったんだそう。

大学の教授からも「キー局は内定が取れないのだから受けても無駄じゃないか」と言われてしまうほど、徳田さんがアナウンサーを志望したときの環境は難易度が高いものでした。

関西大学と聞くと、アナウンサー内定者は普通にいそうだなと思っていたので、ちょっと意外でした(>_<)

スポンサーリンク

それでも屈することなく努力した結果、関西大学で初めてのキー局アナウンサー内定を手にします。

日本テレビ・TBS・フジテレビなどの、いわゆるキー局へ応募する学生は4,000人以上。
さらにそこから内定を手にするのは、多くても4人。
厳しい時は1人ということもざらにあるのがアナウンサーの世界です。
つまりは最低でも倍率1000倍もある中から、徳田さんはフジテレビアナウンサーとして内定を獲得したことになります。

倍率1000倍、しかも決して有利とはいえない環境からのスタートでアナウンサーになった徳田さんがいかに努力家かがわかるエピソードですね。

スポンサーリンク

徳田さんの魅力・おもしろエピソード

見た目も中身も素敵な徳田さんですが、アナウンサーとして少し変わった面白いエピソードがありました。

顎が外れやすい!

アナウンサーというお仕事上、大丈夫!?とつい思ってしまったのが「顎が外れやすい」という点!

特に大笑いなど顎を大きく開けると外れやすいようで、「大笑いできない男」と自己紹介されています。

慣れているからか、これまでに何度か顎が外れたことがあるそうですが、自分でちゃんと元に戻せるそうです。

これから活躍していくとお笑い番組の司会などもできる機会がありそうですが、放送中につい大笑いして顎が外れる…なんてことがあったら大変ですね(*_*;

スポンサーリンク

ウシが大好き

好きな動物も一風変わっているのが徳田さん。

なんと「ウシ」が好きなんだとか!

そのためお休みの日は、牧場へ遊びに行って過ごすほどのウシ好きなんです。

こんなにウシが好きな人は初めて見た気がします(笑)

スポンサーリンク

ウシが好きすぎて牛歩旅!?

ウシが大好きな徳田さんですが、大学2年生のときに牛歩旅をされて地方の情報誌に取材されている過去がありました!

徒歩で旅するという、まさに牛歩旅

ウシの写真集を出版するという夢が叶ったのかが気になるところですが、好きなことにとことん熱中できるタイプなんだと思われます。

そんな徳田さんが今後やってみたい番組は、全国の牧場からの中継だそう。

是非牧場で生き生きと話す徳田さんが早く見てみたいですね(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

今回はフジテレビ新人アナウンサーの徳田 聡一朗さんについてまとめてみました。

努力家で面白いエピソードいっぱいの魅力溢れる新人アナウンサーなので、今後どんどんいろんな番組で活躍するのが楽しみです♪

以上、私yuffeeがお届けしました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました